ブログ一覧

七夕にお願い事をするのは一体なぜ?

皆様、こんにちは☺

 

本日7月7日は、七夕ですね。

ここ数年は、お願い事をするのも忘れてしまっていますが・・・(笑)

 

 

それにしても、七夕の日にお願いするというこの風習、どのようにして生まれたのでしょうか?

 

 

実は七夕自体に、由来がいくつかあるんです。

 

その中でも「乞巧奠(きこうでん)」という、中国古来の行事があります。

これは7月7日の夜に、牽牛星と織女星(これが彦星と織姫ですね)を祭り、手芸の上達を祈った儀式のようです。

 

この行事は日本にも伝わり、最初は宮中や貴族の家で行われていたようですが、江戸時代には習い事の願掛けとして一般庶民にも広がっていったとのこと☺

 

 

これが徐々に、手芸の上達だけではなく、様々なお願い事をする今のスタイルに変化していったようですね☺

 

 

私ももちろん、子どもの頃には様々なお願い事をしてきたのですが、どんなお願いごとだったのかまでは思い出せず・・・(笑)

 

 

ただ1つ覚えているのは、家族で伊勢神宮に行った時のこと。

ちょうど七夕の少し前の時期でした。

 

 

 

外宮参道だったか内宮参道だったか、おそらくどちらか一方しか行っていないと思うのですが・・・七夕の願い事を書くことができるスペースがありました。(どこかのお店の前かな?)

 

 

 

そこで書いたお願いごとだけは、今でもはっっっっっきりと覚えています!

 

 

 

間違っていなければ、もう7年前の出来事なのですが・・・(何もかも曖昧ですみません!)

 

 

ちなみにその願い事は・・・・・・

 

 

 

 

 

 

まだ叶っていません!(笑)

 

 

 

 

 

 

皆様にも、七夕の思い出が何かあれば、教えてくださいね☺

 

それでは、皆様の願い事が叶いますように☆彡

 

 

 

 
 
 
 
 

【対応エリア】

土浦市・つくば市・阿見町・牛久市・かすみがうら市・美浦村・石岡市

リフォーム・増改築専門 平沢工務店

☎0120-883-008

ブログ一覧へ戻るボタンです