ブログ一覧

投稿日:2019年8月24日 | 最終更新日:2019年11月26日

『夫婦のリフォーム』って、どんなリフォーム?

本日は、ちょっと変わった視点からリフォームを見ていきたいと思います☺

皆様は、『夫婦リフォーム』について考えたことはありますか?

 

子どもがいるご家庭の場合、子どもがいる時と、子どもが独立してからの暮らしには大きな変化があると思います。

 

 

子どもが独立して、夫婦2人だけになった時にリフォームをする場合。

2人での暮らしを想定して、どのようにリフォームをするか考えていく必要があります。

 

 

 

その時に大切になってくる、2つのスペースがあります。

 

 

1つは『共有スペース』。

もう1つが『独立スペース』。

 

 

 

定年をむかえると、家で2人の時間が必然的に増えてきます。

特にリビングは自然と共有スペースになり、子どもが帰ってくればみんなで過ごす場所にもなります。

孫がいれば、更ににぎやかになることもあるでしょう。

 

 

ということは、リビングは夫婦の共有スペース、そして今まで以上に多い人数で過ごすことを想定してリフォームできるといいですね☺

 

また、キッチンをリフォームするならば、対面式にするのもオススメ◎

みんなでも準備しやすく、コミュニケーションにも繋がります❁

 

 

 

 

 

リビングを『共有スペース』と考えるのならば、どこを『独立スペース』と考えるか。

寝室や、趣味の部屋になってくるかと思います。

 

 

 

独立した空間=いい意味で気を遣わずに過ごせる空間

になるといいですね☺

 

 

 

夫婦の関係に限ったことではなく、どんな関係でも、「1人の人間」対「1人の人間」。

なので、一緒にいて「全く気を遣わない」「何も気にしないで過ごす」というのは無いと思います。

 

 

もちろん、気を遣うというのは相手を思いやることなので、悪いことではなく良いこと!

ですが、やっぱり気を遣い続けていると、疲れちゃうこともありますよね。

 

 

そんな中で『独立した空間』があると、心置きなく好きな事ができたり、人目を気にせず1人の時間を過ごせます。

 

 

 

 

先程も書いた通り、一緒に暮らしている夫婦の場合、お互い定年を迎えたら一緒にいる時間が今まで以上に増えます。

それも、子どもが独立したら2人だけの時間です。

 

 

ぜひ、お互いを思いやり、どうしたら2人が気持ちよく過ごせるのか、改めて考える機会にしてみてくださいね☺

夫婦になってどれだけ経っても、相手は「自分の旦那さん」「自分の奥さん」である前に、「1人の人間」であることを忘れずに❁

 

 

それではまた☆彡

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

【対応エリア】

土浦市・つくば市・阿見町・牛久市・かすみがうら市・美浦村・石岡市

リフォーム・増改築専門 平沢工務店

☎0120-883-008

ブログ一覧へ戻るボタンです