ブログ一覧

10月31日まで!『グリーン住宅ポイント制度』とは?

皆様、こんにちは☺️

最近は厳しい暑さが少し落ち着いて、なんだか逆に気が抜けてしまいますね。
昨年もこんな感じで、すごい暑い期間が2週間くらいあって、その後は一気に落ち着いた気が…

なんだかんだ、夏はあっという間な気がします。







さて!
本日はグリーン住宅ポイント制度について、お話ししていきたいと思います☺️

グリーン住宅ポイント制度とは?

一定の性能を有する住宅を取得する方などに対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や、様々な商品と交換できるポイントを発行する制度のこと!




では、「一定の性能を有する住宅の取得」とは何なのか。
4種類あるので、1つずつ説明してきます☺️




①新築住宅の建築・購入

・新築とは、契約時に建築から1年以内、第三者が未入居の住宅のこと
・一定の省エネ性能を満たす住宅が対象
・購入者等が自ら居住する住宅が対象(申請は1人1 回まで)
・分譲住宅の売主は、宅地建物取引業免許を有する者に限る
・30万〜100万ポイントを発行


対象者(申請者)

注文住宅・・・自ら居住するために、新たに住宅を建築する者(工事請負契約における建築主や発注者)
分譲住宅・・・自ら居住するために、新築住宅を購入する者(不動産売買契約における購入者)


対象期間

以下の期間に契約締結されていること

注文住宅の場合工事請負契約2020年12月15日〜2021年10月31日
分譲住宅の場合不動産売買契約2020年12月15日〜2021年10月31日


対象となる住宅

以下の①②いずれかの省エネ性能等を有する住宅

①高い省エネ性能等を有する住宅(いずれか)
・認定長期優良住宅
・認定低炭素建築物
・性能向上計画認定住宅
・ZEH

②一定の省エネ性能を有する住宅
日本住宅性能表示基準で定める断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4以上の住宅








②既存住宅の購入

・既存住宅とは、2019年(令和元年)12月14日以前に建築された住宅のこと
・売買代金が100万円(税込)以上
・購入者が自ら居住する住宅が対象(申請は1人1回まで)
・申請は入居後(完了前申請は不可)
・15万〜45万ポイントを発行
・同一住宅は1回まで申請可能(購入前の第三者のポイント発行を含む)


対象者(申請者)

自ら居住するために既存住宅を購入する者(不動産売買契約における契約者)


対象となる期間

契約の種類対象期間
不動産売買契約2020年12月15日〜2021年10月31日


対象となる住宅

以下の①〜③のすべてを満たす住宅であること
①不動産登記事項証明書において、「新築」と記載された日付が、2019年(令和元年)12月14日以前であること。
②既存住宅購入の、売買契約額が100万円(税込)以上であること。
③以下のいずれかに該当する住宅であること。

・空家バンク登録住宅
・東京圏の対象地域からの移住のための住宅(既存住宅)
・災害リスクが高い区域からの移住のための住宅(既存住宅)
・住宅の除却に伴い購入する住宅








③リフォーム工事

・工事の内容に応じてポイント発行
・最低5万ポイント以上の工事が対象
・賃貸住宅のリフォームも申請可能
・1,000万円(税込)以上は、工事完了前の申請も可能
・上限内で同一住宅でも複数回の申請可能


対象者(申請者)

リフォーム戸別申請の場合・・・工事請負契約におけるリフォーム工事の発注者
リフォーム一括申請※の場合・・・全住戸の所有者または管理組合法人または法人でない管理組合

※一括申請とは、同一建物内の複数の住戸に対してリフォーム工事を発注する方が、 複数の住戸をまとめて申請する場合の申請方法のこと


対象となる期間

以下の期間に契約締結されていること。

契約の種類対象期間
工事請負契約2020年12月15日〜2021年10月31日


対象工事

【①〜③いずれか必須】
①エコ住宅設備の設置(節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓等)
②開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換)
③外壁、屋根・天井または床の断熱改修



【①〜③と併せて実施した場合のみ対象】
④バリアフリー改修(手すりの設置、段差解消、廊下幅などの拡張等)
⑤耐震改修
⑥リフォーム瑕疵保険等への加入
⑦既存住宅購入加算








④賃貸住宅の建築

・全戸がトップランナー基準で床面積40平米以上の賃貸住宅が対象
・棟単位で申請が必要
・戸建住宅や店舗等の併用住宅は対象外
・ポイント利用は追加工事交換のみ(2022年1月15までの完了報告が必須)


対象となるもの

新たに賃貸用の共同住宅等を建築する者(工事請負契約における建築主や発注者)
※複数の工事施行者と請負契約を行い建築される賃貸住宅は対象となりません。


対象となる期間

契約の種類対象の期間
工事請負契約2020年12月15日〜2021年10月31日


対象となる住宅

以下の①〜③のすべてを満たす住宅であること

①すべての住戸が賃貸用に建築される共同住宅等であること
※所有者の居宅が含まれる建築物や店舗併用の建築物は対象となりません。

②住居として独立しているユニットが複数戸(2戸以上)存在し、全ての住戸の床面積が40㎡以上の共同住宅であること

③建築物省エネ法に基づく住宅のトップランナー制度の賃貸住宅に係る基準に適合する共同住宅であること








これでもまだ説明しきれていない部分もありますが、大まかには以上のような制度になります!
そして、発行されたポイントについてですが、商品との交換に利用する『商品交換』、もしくは一定の要件に適合する追加工事との交換に利用する『追加工事交換』のいずれかまたは両方に利用が可能となっています☺️


商品交換で、どのような商品に交換できるのかについては、グリーン住宅ポイントのHPからご覧いただけるので、リンクを貼っておきますね。

ここで紹介したいのは山々ですが、本当にとんでもない品揃えなので…(笑)
家具、家電、日用品、、、本当に様々あるので、チェックしてみてください!!!



【グリーン住宅ポイント 交換商品を探す】
https://goods.greenpt.mlit.go.jp/apl/public/viewCategoryTop




リンク先は交換商品掲載ページですが、グリーン住宅ポイントのTOPページに飛んでいただくことで、本日ご紹介した制度についてもより詳しくご覧頂けますので、興味のある方はぜひぜひチェックしてみてください◎






それではまた☆彡

 
 
 
 

対応エリア

土浦市・つくば市・阿見町・牛久市・かすみがうら市・石岡市・美浦村

リフォーム・増改築専門 平沢工務店

☎0120-883-008

ブログ一覧へ戻るボタンです