施工実績一覧

【奥深い…】ただ交換するだけじゃない!マンションのキッチンリフォーム

工事費
工期

弊社で人気のあるステンレスキッチン、クリナップの「ステディア」。

今回はそんなステディアへの交換工事をご紹介…するのですが、キッチンリフォームといってもただキッチンを交換するだけではありません。

リフォームって奥深い…そう感じていただけるようなマンションキッチンリフォーム。
ぜひぜひ最後までご覧ください☺️

【壁撤去工事】

開放感を得るため、施工前画像にあるキッチンカウンター上部の下り壁を撤去。
壁撤去後画像で撤去されているのがお分かりいただけます☺️
これだけでも、まるで違う空間かのように一気に解放感が得られますよね。

そして施行中画像は、壁撤去前画像にあるインターフォンの背面部分になります。
いざ開けてみたら、多くの重要な配線がここに集約されていました。

下り壁を撤去したことにより、インターフォンの移動もありましたので、これらの配線も全て、移動したインターフォンの背面に移動しました。(壁撤去後画像参照)


【キッチン下への台造作】

今回、マンションキッチンリフォームであり、なおかつステンレスキッチンであるがゆえに給排水の配管の取り回し(配置)に苦戦しました。
この部分に関しては非常に専門的なお話になってしまうので、なるべく簡単にご説明します◎

一軒家の場合、配管の取り回しを床下で行うのですが、マンションには床下がありません。
そのため、配管の取り回しを自由に行うことができないのです。

それに加えて、今回使用したクリナップのステディアはステンレスキッチン。


通常の木製キッチンには、配管の取り回しができるようにボックスのようなものが設置されていて、そのサイズも様々なのですが、ステディアのステンレスキッチンには、今回のマンションに合うサイズのボックスを設置するのが難しいとのこと…。(ちなみに今回のマンションの場合は、通常の木製キッチンでも既製品のボックスはサイズが合わなかったようですm(__)m)

左手の配管に合うボックスが既製品には無かった


以上のことがあり、今回はキッチン下にキッチンを乗せる台を造作。(造作後画像参照)
キッチンと造作台の隙間で配管の取り回しを行うこととしたのです☺️


リフォーム、非常に奥深くないですか?
キッチン交換と一言で言っても、本当にただ交換するだけではないのです…!




【レンジフード加工】

レンジフード右手上部に出てしまう梁(はり)は、マンションに多くみられるもの。
今回はこちらに対応するために、レンジフードの面材部分を加工しました。
前半3枚の画像をご覧いただくと、梁に合わせて面材がカットされているのがお分かりいただけます☺️

そして、後半2枚の画像をご覧いただくと、レンジフード内がどのようになっているかがお分かりいただけます。
レンジフード内は梁との接触も無いので、特に手を加えることはありません。

このように梁があっても、見た目をスッキリ綺麗に収めることが可能です◎



【ダウンライトの新設】

今回は、キッチン上部にダウンライトの設置も行いました。
元々ダウンライトは無かったため、施行中画像にあるように途中でダウンライト用の穴を開けております☺️



【キッチン全体アフター】

様々な施行中画像をご覧いただいた後の、アフター画像!

いかがでしょうか?
画像を見ているだけでも気持ち良いくらい、お洒落なキッチン空間が誕生しましたね☺️

今回はキッチン交換工事の中でもマンションでの工事ということで、ただキッチンを交換するという作業ではなく、キッチン交換に付随したちょっと特殊な工事を中心にご紹介してきました。

リフォームと一言で言っても、実際に工事を始めてみないと分からないこともありますし、一軒家とマンションでも大きな違いがあります。


今回ご紹介したのはそのごく一部ではありますが、皆様に実際のリフォームがどのようなものなのか、少しでも伝わっていたら嬉しいです☺️





 

リフォーム・増改築専門 平沢工務店

☎0120-883-008

施工実績一覧へ戻るボタンです