ブログ一覧

約40%は住居で発生…今から始める熱中症対策

皆様、こんにちは☺️
…めちゃくちゃ久しぶりの記事になりました、すみませんm(__)m
いつの間にか梅雨入りもしていて、更新しないうちに季節を1つ超えたような気持ちになりました(笑)


そして、2021年もあっという間に上半期最後の月!!!
早すぎて恐い!の一言につきます。

下半期はどんな感じになるのかなぁ…今からなんだか楽しみです☺️








さて、本日はこれからの季節にぜひ取り入れて欲しいリフォーム商品のご紹介です!
以前もご紹介しているので、その記事を更にパワーアップさせて再登場☆


LIXIL「スタイルシェード」

「窓からの日差しで暑い・・・」
「室内での熱中症が心配・・・」


夏には夏特有のお家のお悩みが出てきますよね。


そんな悩みに実用的かつスッキリと応えてくれるのが、LIXILのスタイルシェードなんです☺️♪



太陽の熱は83%もカット!!!
室内は最大3.5℃ダウン!


室内の床も暑くならず快適なんです☺️
シンプルだけどお洒落で、お家に取り入れやすいデザインにもなっています♪




そして、夏に非常に大切なのが本日のテーマでもある熱中症対策。

熱中症と聞くと、どうしても炎天下の中で起きるイメージが強いと思いますが、熱中症の発生場所は、約40%が住居なんです。


ほぼ半分って、驚きですよね…。
家にいると安心してしまう方も多いと思いますが、そこで水分補給などを怠ってしまうのは非常に危険だということ。




そして、「この時期から熱中症の話?」と思われる方も多いと思いますが、熱中症は「気温が高い」ということ以外にも、実は様々な条件で引き起こされるのです。



例えば…

気温だけではなく湿度が高くなる今の季節や、この時期よくある急に暑くなる日


急に気温が高くなった時というのは、まだ身体が暑さに慣れていないのはもちろん、真夏の時期のように夏物の服を出していなかったり、帽子や日傘も「まだいいか!」と思って使わなかったり。

水分に関しても、夏場に比べてこまめに補給する意識が低い時期だと思います。夏への準備が整っていなく、まだ油断している方が多いのも原因の1つなのかもしれません。




気温は低いけど湿度は高い日


こちらも今の時期に多いですが、注意が必要です。

湿度が高い日は、汗が蒸発しにくくなり、身体に熱がこもりやすくなります
そうすると、体温も下がりにくくなるので、熱中症の症状が出てしまうのです。




私自身、気温が高くなければそんなに心配はないと思っていましたが、湿度が高いというのも熱中症を引き起こす要因になるというのは驚きました。
確かに湿度が高いとジメジメするし、汗も乾きにくいですよね。

家にいるからといって安心もできないし、気温が高くないからといって安心もできません。
ぜひ皆様も、改めて熱中症対策の意識を高くもっていきましょう!




さて、お話を戻しまして、室内での熱中症対策にもおすすめしたいスタイルシェードですが、生地タイプが2種類あります!

【デザインタイプ】
…遮視性が高いデザインタイプは、夜間、部屋の中のシルエットが透けにくいので、プライバシー対策もバッチリ◎

もちろん昼間も、視線対策できちゃいます☺



デザインタイプの中にも2種類ありまして、まずは遮視性が高く、夜間でも外からの視線をしっかりカットしてくれる〈プライバシーモデル〉から!通りや隣家に面したお部屋におすすめですよ☺️






続いては、ほどよい透け感が特長の〈ライトモデル〉。
昼間は光を採り込みながらも、外からの視線をカット!庭に面したお部屋におすすめです◎




【ベーシックタイプ】
…ほどよい透け感で光もほどよく採り込めるベーシックタイプ。
こちらも昼間は視線対策ができます☺️



ベージックタイプは、取り入れやすい無地3色をご用意☺




こちらのシェード、もちろん使わない時は上のボックスにすっきり収納できます◎
そして、そのボックスもカラーバリエーションが選べますよ✿






いかがでしたか?

ちなみにこちらのスタイルシェード、取り付け工事はだいたい2時間程度で完了します☺
お家の暑さ対策を必要とされている方は、暑さが本格的になる前に取り付けをオススメします☺️



今年の夏もまだまだマスクは手放せないと思うので、熱中症対策の意識もしっかりと持っていきましょう!!!

それではまた☆彡

 
 
 
 

対応エリア

土浦市・つくば市・阿見町・牛久市・かすみがうら市・石岡市・美浦村

リフォーム・増改築専門 平沢工務店

☎0120-883-008

ブログ一覧へ戻るボタンです