ブログ一覧

日照時間と体調の関係~セロトニン不足が原因?~

皆様こんにちは☺

昨日は久しぶりに晴れ間が広がりましたね☀

 

ですが、今年の梅雨はここ数年と比べると梅雨らしい天気が続いていますね☂☁

予報もなかなか当たらず、雨の予報でも、当日になると曇っているだけであまり降らない・・・なんてことも多く、リフォームは外の作業がなかなか思うように進みません(;_;)

 

 

雨は降ったり止んだりですが、とにかく晴れている時間は少ないですね・・・。

 

ここ数日テレビでもよく耳にしますが、最近はやはり「日照時間」が短くなっているとのこと。

調べてみると、土浦市のここ10日間の日照時間は「8.4」時間。

つくば市ではなんと「3.7」時間でした(゜-゜)

※出典:気象庁 日照時間一覧表(2019年7月8日まで)

 

 

実際、関東甲信や東北地方では日照不足と言われており、農作物の管理などにも注意が必要なようです(;_;)

また、今後2周間はこのような状態も続くようです。

 

気温も低い日が続くようなので、7月ですが着る物にも気をつけてくださいね。

 

 

これから各地で海開きの時期ですが、夏空の下で海水浴を楽しめるのは、少し先になりそうですね・・・。

 

 

 

 

さて、本日のテーマはここまでお話しした日照時間にも関係のある、「日照時間と体調の関係」です。

関係があるのかないのか調べてみましたが、個人的にはあるのではないかと思います!

 

もちろん、体調に関することは個人差があるとは思うのですが、本日は日照時間と体調がどのように関係しているのか、書いていきたいと思います。

 

 

 

 

日光を浴びると分泌される、『セロトニン』という物質があります。

このセロトニンとは、脳内で働く物質の1つで、人の精神面に大きな影響を与える物質でもあります。

セロトニンが不足すると、気分が落ち込んだり、やる気が起きなくなったり、イライラしたり・・・

 

また、過食気味になったりすることもあるようです。

 

 

 

 

日照時間と体調の関係について調べていると、「冬季うつ」という言葉を多く目にしました。

その名の通り、冬場に気分が落ち込んでしまう症状のこと。

 

これも、冬場が夏場に比べて太陽が出ている時間が短いことが1つの原因とされているようで、季節の変化にストレスを感じやすい方に起こるようです。

 

 

 

 

今年の梅雨は先程お伝えしたとおり、日照時間が非常に少なくなっているので、もしかしたらセロトニンの不足で、なんとなく気分が落ち込んでいる、やる気が起きない・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

対策としては、セロトニンの原料となる「トリプロファン」を含む食材を食卓に取り入れること!

トリプトファンは肉や豆類、乳製品などに多く含まれます☺

 

ぜひ、意識的に摂ってみてくださいね◎

 

 

 

こういった症状は個人差も非常に大きいので、判断するのも難しいとは思います。

ですが、風邪だって引きやすい人・ほとんど引かない人 とそれぞれいるので、何事も個人差があるのは当然です!

 

 

何が原因であれ、体調が悪い時には無理しないようにしましょう◎

身体が資本ですよ!

 

 

 

 

ちなみに私が落ち込んでいる時の特徴は、「鞄の中が整理整頓されていない」「好きな音楽を聴く気にもなれない」といったものがあります。(笑)

 

 

この状態になっていたら相当落ち込んでいますが、今は鞄の中も綺麗!音楽も映画のアラジンを観てからサウンドトラックをひたすら聴いています!おかしいくらいに!(笑)

 

 

・・・既に2回観たのですが、もう1回観たい気持ちが抑えられません・・・(笑)

 

 

 

 

最後はどうでもいい情報でしたが(笑)

私も実は最近、「なんか疲れが取れないなぁ・・・」と思っていましたが、大丈夫なようです!(笑)

 

まだまだ梅雨の天気が続きますが、共に乗り越えましょう!

 

 

現実から逃げたくなったら、ぜひアラジン観てください!(笑)

 

それでは☆彡

 

 

 

 
 
 
 

【対応エリア】

土浦市・つくば市・阿見町・牛久市・かすみがうら市・美浦村・石岡市

リフォーム・増改築専門 平沢工務店

☎0120-883-008

ブログ一覧へ戻るボタンです